自己破産すれば借金がなくなるわけではなく、保証人に迷惑をかけることになるので、自己破産の前にできることを考えましょう。

借金解決と保証人

 

自己破産を決意したら
でも少し触れましたが、借金の解決で忘れてはならない存在が保証人です。

 

 

自分のことしか考えない、他人に降りかかる迷惑は見て見ぬふりをする、という方は特に目を通す必要はありません。

 

 

しかし、

  • 友人や家族に迷惑をかけたくない、
  • 自分のせいで借金という重荷を背負わせたくない

という人は、債務整理を行う前にしっかりと学んでおく必要があります。

 

 

 

任意整理

まず自己破産を行う場合、債務者(お金を借りている人)が無事自己破産に成功し借金が0になった場合、その分の借金の返済は保証人に回っていきます。

 

自身は借金地獄から解放され、安堵するわけですが、保証人にとってみればとんでもありません。この状況において、自己破産した人は保証人にとってただの悪魔でしかないのです。

 

また自己破産でなくとも、保証人に迷惑がかかる債務整理もあります。それが個人再生です。

 

 

個人再生も自己破産も、どちらも全ての借金を精算するという特徴があります。

 

 

つまり、保証人がついている借金もついていない借金も、全てひとくくりにされるということです。

 

一方、任意整理の場合は、自分でどの債務を対象とするのか選ぶことができるので、保証人がついている借金だけを通常のままにすることも可能です。

 

しかしこの場合、その借金はこれまでと同じように支払い続けなければなりませんので、その点はマイナス考慮です。

 

 

一番良い立ち振る舞いとしては、債務整理を行う前に保証人にもその旨を伝えることです。

 

場合によってはどちらも債務整理する必要がありますので、同じタイミングで話を進めるべきだと考えます。